NEWS

プレスリリース 22.04.13

ジラフ、コレクター向けフリマアプリ「magi」において「フェイクバスターズ」運営のIVAと業務提携を開始、取引時にスニーカーも鑑定可能に

株式会社ジラフ(本社:東京都中野区、代表取締役社長:麻生輝明)は、2022年4月13日にコレクター向けフリマアプリ「magi(マギ)」において、スニーカー・ホビーの取り扱いを開始し、スニーカー鑑定サービス「フェイクバスターズ」を運営するIVA株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:相原嘉夫)と業務提携を行うことで、スニーカーの鑑定機能をご利用いただけるようになりました。本鑑定が行われたスニーカーにはmagi×フェイクバスターズ公式の認証タグが付与され、本物であることの証明となります。

フリマアプリmagi(https://magi.camp/)は、独自の「あんしん取引機能」において取引時の真贋判定を担保することで二次流通市場において誰でも簡単にトレカを売買できるフリマアプリとして成長して参りました。

一方、スニーカーはトレカと並び、高額品でありながら若年層の方が積極的に売買を行っている商品です。憧れのコレクションアイテムとしてどちらも熱量が高く、国内だけでなく世界においても収集されております。この度、スニーカー鑑定サービス「フェイクバスターズ」においてスニーカーの実物を鑑定した上で本物だけを購入できる仕組みとして「あんしん取引」機能を拡張致しました。

あんしん取引でスニーカーの実物を鑑定し、通過した本物の商品を取引可能

トレカやスニーカーといった若年層のコレクション取引における課題に着目し、安全に取引できる「コレクター向けフリマアプリmagi」として、今後もサービスを拡充して参ります。

◆IVA株式会社 代表取締役社長 相原嘉夫 様よりコメント

フェイクバスターズの鑑定ラボの様子

「magiは日本のトレカ市場において、ユーザーから絶大な信頼を寄せられています。日本国内のみならず、積極的に海外展開を進め、果敢にチャレンジをしながらもユーザー目線でプロダクトを考え抜く麻生さんを始めとした、magiチームの皆さんの真摯な姿勢に共感しました。そんなmagiがスニーカー市場に事業を拡大するタイミングでお声掛け頂けたことを大変光栄に感じています。今後はフェイクバスターズの保有する鑑定力を存分に活かしながら、magiの国内外での更なる飛躍をしっかりとサポートしていきたいと思います。」

◆会社概要

株式会社ジラフ

代表取締役社長 麻生 輝明

設立 2014年10月

所在地 〒164-0001 東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ2F

◆サービス

コレクター向けトレカ・スニーカーフリマアプリ『magi』URL:https://magi.camp/

トレカ専門フリマ『magi』英語版URL:https://en.magi.camp/

買取比較サイト『ヒカカク!』URL:https://hikakaku.com/

本件に関するお問合せ先

株式会社ジラフ 広報担当

メールアドレス:[email protected]

NEWS一覧