NEWS

プレスリリース 18.01.16

「Peing – 質問箱」の中国語版・繁体字版「提問箱」をリリース、中国本土を除く香港、マカオ、台湾、シンガポールの利用者に対応完了

株式会社ジラフ(本社:東京都中野区、代表取締役社長:麻生輝明)は、2017年12月に買収した匿名質問サービス「Peing – 質問箱」の、海外版(中国語版・繁体字)のサービス提供を開始しました。英語版対応に続き、香港、マカオ、台湾、シンガポールなどのTwitterユーザーにご利用いただくことが可能となりましたことをお知らせします。

◆サービスの概要
「Peing – 質問箱」はソーシャル・ネットワーキング・サービス「Twitter」上で利用できる匿名型の質問サービスです。2017年11月にサービスをリリースして間もなく、月間2億PVの巨大サービスへと急成長を遂げています。
煩雑な会員登録は不要となっており、Twitterアカウントでのログイン後、スムーズに利用することができます。登録はこちらからお願いします。
https://peing.net/

<匿名の質問に回答するには>
・匿名の質問を受け付ける場合は、本サービスのアカウント(質問箱)を開設下さい。
・質問箱を開設すると、匿名のユーザーから質問が来ます。
・すべての質問に答える必要はなく、好きな質問にだけ回答することができます。
・お選びいただいた質問とその回答は自分のtwitterのフィード上の表示されます。

<匿名で質問するには>
・質問をする側だけのご利用の場合は、アカウント(質問箱)を開設頂かなくてもご利用可能です。
・興味のあるユーザーを選択して、質問を送りましょう。

◆中国語版の展開について(ジラフ代表取締役CEO麻生より)

「2017年11月に日本でリリースされた”Peing-質問箱-”は、元々は個人によって開発されたサービスですが、2017年12月に弊社がこれを買収致しました。元々国内で急速に浸透しつつあったこのサービスを運営することになった弊社としては、”Peing-質問箱-”を国内のみならずグローバルに展開していく使命があるものと認識しております。まずは多くの人に使っていただきたく思い、英語版を公開しておりました。そして次なるアジア展開への布石として、まずは既に利用者の多いアジア・中国圏のユーザーに向け中国語版・繁体字版を公開致しました。」

◆新たな展開地域(ご利用地域)

香港、マカオ、台湾、シンガポールほか繁体字を使用する人の居住地域

◆株式会社ジラフ 会社概要
・代表取締役社長兼CEO 麻生 輝明
・設立 2014年10月
・所在地 〒164-0012 東京都中野区本町1-23-9 NIDビル3階
・サービス 『ヒカカク!』 URL:https://hikakaku.com/
『最安修理ドットコム』  URL:http://saiyasu-syuuri.com/
『スマホのマーケット』  URL:https://smama.jp/
『Peing – 質問箱』 URL:https://peing.net/

■本件に関するお問合せ先

株式会社ジラフ 広報担当 内村(うちむら)

電話:070-1289-5179 メールアドレス:pr@jiraffe.co.jp

NEWS一覧